スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井県越前視察旅行(2)

ロハス越前、田中事務局長のお話に続いて、3班に分かれ体験プログラムに。

我々4人は、『味噌作り・田舎料理・きな粉・打ち豆』チーム。


まずは、『味噌作り』から。

材料は、柔らかく煮た大豆と、塩、米麹。
味噌作り

大きな鍋で順番に混ぜていきます。
味噌作り

大豆の煮汁も少し加えて。

マッシャーで、ひき肉のように生地を搾り出し、
味噌作り

それを味噌玉にして、味噌樽に投げ込みます。

このあたり、割と放置だけど、グループだと、仲間や家族同士わいわいやるのは楽しいかも。

これで、味噌の仕込み完了です。
味噌作り

体験はここまでだけど、お土産に、去年作ったお味噌を頂きました。
越前味噌


つづいては『田舎料理』

今日のレシピは、ぜんまいの大豆和えと大根のぬた。

ぜんまいの大豆和えと大根のぬた
ぜんまいの大豆和えと大根のぬた
ぜんまいの大豆和えと大根のぬた

大きなすり鉢で、材料を混ぜ、味付けしていきます。

素朴な田舎料理だけど、意外に複雑な味。

なんといっても健康的です。

これは、体験じゃなく、先生が作っていくんだけど、

おばちゃんの掛け合いとおしゃべりが上手で飽きさせません。


つづいては『打ち豆作り』
打ち豆作り

打ち豆は福井のスローフード。

水で戻した大豆を、金づちで叩いてぺっちゃんこにします。

見た目はまるっきりコーンフレークです。
打ち豆作り

でも、ほぼ生の大豆なので、このままでは食べられません。

打ち豆は、味噌汁の具にしたりするそうです。


最後は『きな粉挽き』

朝から4時間カリカリに炒っておいた大豆を、石臼で挽いていきます。
きな粉作り

見てるより意外に重く、豆を入れながらスムーズに挽くのは結構大変(汗)
きな粉作り

石臼を開けるとこんな感じにきな粉が挽けています。
きな粉作り

最後にふるいにかけると、香ばしい香りのする、きな粉完成。
きな粉作り



同じ大豆が、調理次第で、味噌になったり、和え物になったり、打ち豆

になったり、きな粉になったり。

なかなか奥が深いです。

(つづく)

テーマ : いいとこ!福井県♪
ジャンル : 地域情報

tag : 福井県 ロハス越前 農家民宿 田舎ぐらし 農家民泊

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
Flickr &amazon&twitter




FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
リンク
プロフィール

うまっち

Author:うまっち
日本一小さな”百貨店”
京丹後/常吉村営百貨店
umacchi@e-mura.jp
うまっちぶろぐ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。