スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京丹後フィールドワーク1日目~あおき農園から常吉百貨店へ

小さな食卓を後にし、国営農地にある青木さんの農園にみんなで移動。

ランチにたっぷり時間をかけ過ぎたせいで、駆け足で農園を見せて頂くだけになってしまいました。

自然耕房あおきさんの農園
それでもこちらにあわせて、青木さんは丁寧に、手短に畑の説明をしてくれます。

肥料なくても青々育つ野菜
肥料なしでも青々とした野菜が育ちます

さっき食べたツルムラサキ
さっき食べたツルムラサキも雑草の中元気に

元気なオクラ
でっかいオクラもたくさん

カナダからの研修生ロジャー&ベティ
国際ボランティアで青木さん農園にカナダから研修に来てるロジャー&ベティ

まだまだ畑にいたかったのですが、タイムリミット。

次回はぜひ、たっぷり時間をとって畑仕事をお手伝いしたいです。


車で5分ほど走り、今度は、大宮町常吉地区、”日本一小さな百貨店”常吉村営百貨店に到着。

ここでは、大木社長が笑顔で迎えてくれます。

<大木さん>
京丹後歴63年
百貨店社長。本業はGパン屋さん
過疎高齢化集落を支える住民自主運営モデルで全国から視察

いつもの休憩コーナーで常吉百貨店の成り立ちなどのお話を伺います。
常吉村営百貨店大木社長

・町づくりは人づくり。お金を建物でなく人に投資した結果が今に繋がっている

・補助金でできた道の駅、特産品、加工品でうまくいっているのは一握り

・農業と福祉と暮らしの確立が常吉百貨店立ち上げ時の目標

・戸板一枚の朝市は簡単。村づくりも一緒。事業として回すにはリーダーが腹くくってリスクとらなあかん

・苦難はあったけど乗り越えられたのは家族の理解、地域の仲間の支えあって

・後継者育てるには次のリーダーと若い世代つなぐ。認める所は認めて忍耐強く。人づくりは時間がかかる


青木さん、大木さんもやってること、タイプ全然違ってもどこか似てます。


・土に返る堆肥は時間かかる by 青木さん。人づくりは時間がかかる by 大木さん

・グダグダゆうなら最初からやらなんだらいい。始めて今日までやってきたんだから最後までやる。

・人を動かす前に自分が動く。でも動き過ぎてもだめ


まだまだ話は尽きないのですが、とうとう時間切れ。

常吉百貨店の中を見学
常吉百貨店の店内を案内してもらい、大木さんにお礼を言って百貨店を後にします。



1日目の宿泊は、大宮町セントラーレホテル京丹後。

高台の上の見晴らしのよいホテルで温泉施設、小町の湯が併設されています。

夕食は、地域の人と一緒に懇親会。

メニューは、丹後名物バラ寿司
丹後名物バラ寿司

地域からは、青木さんのほか、明日のFWでお世話になる、明田、小町工房の由利社長、地域おこし協力隊の森さん、行政からむらたさんも参加して意見交換会です。
セントラーレ京丹後で懇親会

レストラン閉店後は、由利さんの実家に席を移し、由利さんのお父さんも加わって,さらにいろいろお話を伺いました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。

(つづく)

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
Flickr &amazon&twitter




FC2 Blog Ranking
QRコード
QR
リンク
プロフィール

うまっち

Author:うまっち
日本一小さな”百貨店”
京丹後/常吉村営百貨店
umacchi@e-mura.jp
うまっちぶろぐ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。